子育て

【子どものアイス】気になる糖質はどのくらい?答えは毎日食べるとヤバそうなかんじ!

毎日暑い日が続きますね~。
いや〜な蒸し暑さもプラスしてどんどん上がる不快指数…。

そんな暑さのなか、ふと気がつくと手が伸びているのが冷凍庫…の中のアイス!
小学生の娘も、学校から帰ってくるとソッコーで冷凍庫をあさりに行きます。

私も含め、ほぼ一日1個は食べてるんじゃないでしょうか?
でも食べながら、なんとなく気になることがありませんか?

そう、「アイスの糖質」です。

けっこう入ってるんだろうとは思っているけど…そして気になってはいたけど、
ちゃんと知らないな~
こんな毎日食べてて大丈夫かな??

…ちょっと怖くなってきたので、今回はアイスの糖質について調べていきます!
そして、知ったら知ったで食べにくくなるかもしれないので、
上手なアイスの楽しみ方も考えていこうと思います!

アイスの砂糖の量にドン引き!(泣)

まず最初に、江崎グリコやカゴメといった大手食品関係の企業が加盟している
「食・楽・健康協会」が示した「1食で摂取する適性糖質量は20~40g」という数字を頭のはしっこにおいていただいていいですか。

かもとも
かもとも
1日じゃなくて、1食あたりの数字なのか~。
ねーね
ねーね
それって多いの?少ないの?
20~40gってよく分かんないな。
かもとも
かもとも
じゃあ、中間をとって30gで考えてみようか。
角砂糖1個が約4gだから、置き換えると角砂糖約7.5個分ってことだね。
ねーね
ねーね
私たち子どもはどのくらいなの?
かもとも
かもとも
はっきりした数字は見つからなかったんだけど、
適性糖質量の一番下の20gで考えてみようか。
…ということは、角砂糖約5個分ってとこかな。

糖質は3大栄養素のひとつ「炭水化物」に含まれていて、炭水化物から食物繊維を除いたものをいいます。
そのため、アイスの糖質量は成分表で「炭水化物」として表記されています。

ちなみに、使われなかった糖質は、脂肪として体に蓄えられてしまうそうです!

では私や子どもたちが大好きなアイスたちの糖質量を角砂糖に置き換えて見ていきますね。

かもとも
かもとも
やばいよ、ねーね…。
アイス1個で食事1回分の糖質を摂ることになるじゃん!
毎日毎日パカパカ食べていいものじゃ、ないんじゃないかコレ?
ねーね
ねーね
え~!でも本当にこんなに砂糖入ってんの?
そんなに甘くないよ??はっ!本当はアイス独り占めしようとしてるんじゃ…!?
かもとも
かもとも
せんよ…。
冷たいものってな、人間の舌はあんまり甘味を感じないんだよ。
だから冷たいアイスには、おいしく感じるためにたくさんの砂糖を入れなければいけなんだ。
でも、こんなに入ってたなんてびっくりだわ…。
あっ!そういえば…
かもとも
かもとも
冷やすだけであんな絶妙な甘さになるなんて、信じられん…。

余談ですが、人間が一番甘味を感じる温度は体温に近い温度だそうです。
まんじゅうなどの和菓子が、甘味の割にカロリーが低いと言われるのは、
少ない糖質で十分な甘味が感じられるからなんですね。

かもとも
かもとも
それにしても、こんなに砂糖を食べて身体に良いわけはないよな…。
でも、あの角砂糖の数が頭から離れん!!
ねーね
ねーね
でもやっぱり、食べたいよ~。みー、アイス食べれないんなら宿題しない!
かもとも
かもとも
それとこれは関係ないだろ!
でも、アイス食べない生活とかちょっと考えられん。もう食べちゃだめとか悲しすぎ…。
ということで、これからもアイスとお付き合いしていきたいから、なんか策を考えるか!
ねーね
ねーね
おー!

それでもやっぱりどーしても食べたい…上手なアイスの食べ方を考えてみた

上手なアイスの楽しみ方その1 糖質オフのアイスを食べる

実はこの記事を書くまで知らなかったのですが、アイスには「低糖質アイス」というものがあったのですね!

スーパーやコンビニで普通に販売されていたらしいのですが、今までは自分のお気に入りのアイスにしか目がいかず、恥ずかしながらその存在を知りませんでした…。

ということで、買いに走ってきます!

グリコ「SUNAO」カップのバニラ味

糖質50%オフなのに、ものたりない感じは全くありませんでした。
コクもしっかり感じられ、いつも食べてるアイスとの違いはよく分からないレベル。

むしろ今回食べた低糖質アイス「SUNAO」はバニラの風味がとても効いてて、普段食べてるアイスより私は好みでした。

後味がさっぱりしてたので、この辺りで「糖類が少ないってこういうことか!」と実感。
食べてる時はしっかり甘味を感じてたので、本当に不思議です。

正直、いい意味で拍子抜けさせてもらった低糖質アイス「SUNAO」。
これなら砂糖を気にせず、アイスを食べられそうです!

あと、一緒に食べていた主人が気づいたのですが、なんとこのアイス「砂糖」というものが入っていない!

確認したら、いつも食べてるバニラアイスにはしっかり使われていました。
いやいや、本当にすごいです…。

上手なアイスの楽しみ方その2 糖質が低いアイスを食べる

低糖質アイスのように、低糖質ですよ~とは言ってないけど、もともと糖質が低いアイスがあります。

それはかき氷系のアイスたち!

大人も子どもも大好きで、さっぱりひんやり!
夏のクールダウンにもぴったりです!

それでは紹介していきますね~。

がりがりくん

夏といえばコレ!みたいな爽やかブルーのパッケージのこのアイス、みなさんもよくご存知だと思います。

最近は季節限定でいろんな味があったりして、飽きることがありません。

味によって糖質の量が違うので注意が必要ですが、一番ポピュラーなソーダ味は糖質18.1gとスーパーカップの約半分です。

ほとんどのスーパーやコンビニで取り扱っているので、入手に困ることもありません。

アイスボックス

驚愕の糖質3.2gです!!
「ただの味のついた氷じゃん。」なんて言われそうですが、暑い時にはこれが効くんです。

クリーム系アイスのようなコクはありませんが、食べたあとは身体がひんやりするし、このさっぱり感が夏にぴったり!

そして、ナトリウムやビタミンCが入っているので、スポーツドリンクと同じような感覚で食べても良いですよ~と、公式サイトに載ってました。

確かにスポーツドリンクをがぶ飲みするより、お茶等で水分補給してアイスボックスでクールダウンの方が身体に良さそうな気もしますね。

上手なアイスの楽しみ方その3 食べる量に気をつける

かもとも
かもとも
でもやっぱり、たまには濃厚であまーいアイス食べたいし!
やっぱりスーパーカップとか食べたいです!あの甘いやつがいいんですっ!!
ねーね
ねーね
………。

ってときにオススメなのがマルチパックです!

ミニサイズのアイスが5、6個入っていて、1個ずつ売られているアイスに比べるとその量をぐっと減らすことができます。
とはいえ、「少量で満足なんかできないよ~」と思われる方もいるでしょう。

でも思うにアイスって半分くらい食べた時点で、「もういいかな…」って思う瞬間ありませんか?
最初は甘くて美味しいんだけど、後半は慣れるせいか感じる甘味が減ってきて身体も冷えてくる…。

「でも残すともったいないから食べようかな…。」と思ったことがあるのなら、絶対マルチパックがおすすめです!

必要以上に食べなくていいし、小さいながらも1個食べたことで思いの外満足できます。

摂取する糖質だって、かなり減らせますよ!

まとめ

子どもも大人も大好きなアイス。

特に意識することもなく暑くなるとしょっちゅう食べてたので、調べ始めてすぐ、その糖質の量にドン引きしました。

でも、ちゃんとその糖質を意識して食べることで、アイスから身を引かなくても良いことも分かりました。
我慢しすぎるとストレス溜まりますもんね。

アイスは暑い夏に必須の元気補給アイテム!ほどよく食べて猛暑を乗り切りましょう!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です