子育て

子どもの仕上げ磨きはいつまで?面倒なのは分かるけど、やめるのはちょっと待って!

子どもの仕上げ磨き

歯磨きって大切ですよね。

特に子どもの歯への執着はハンパありません。

その理由は、自分が子どもの頃虫歯に泣かされたからです。

私の子どもの頃は今のように歯を大事にする慣習がそこまで根付いておらず、歯磨きを適当にやっていたせいか物心つくころには虫歯ができてました…。

虫歯でも治療でも痛い思いをしたので、自分の子どもには虫歯は絶対作らせないぞ!と日々仕上げ磨きに精を出しています。

しかし、ある日ふと思ったのです。

仕上げ磨きはいつまで

小学校低学年前後の子どもをもっていると、1度は思ったことあるんじゃないでしょうか?

正直めんどくさ……いやいやいや、子どもの自立心を促すためにも、歯磨きを完全に任せていいのはいつ頃なのだろう?

先日歯科衛生士さんとお話しする機会があったので、子どもの仕上げ磨きについて聞いてみたのでまとめてみたいと思います!

仕上げ磨きは、小学3年生くらいまではやりましょう!

「意外に長いなと思われるかもしれませんが、仕上げ磨きは小学3年生くらいまではやってください!」

と歯科衛生士さんに言われました。

子どもの「自分でできるもん!」に負けてしまい、ある程度大きくなるとやめてしまう人も多いのですが、そこをちょっと踏ん張ってみてください。

実は歯の生え変わり真っ最中のその時期にこそ、仕上げ磨きが必要なのです!

抜けたり生えたりでデコボコしていたり、グラグラする歯に気を遣いながらの歯磨きは超むずかしい!!

ねーね
ねーね
グラグラして痛いから、そっと磨いて!
ねーね
ねーね
そこ生えかけだから、ゆっくりお願い!

等のリクエストに応えて遠慮がちに磨いていた結果、大人の私でさえ上手く磨けず、娘の生えたばかりの永久歯に歯石を作ってしまいました…。(泣)

歯石を家庭で取るのは難しい…

こうなってしまうと家庭で歯石を取るのは難しいらしく、歯医者さんでキレイにしてもらうしかありません。

ゴリゴリガリガリ、しっかりくっついてしまうと意外に痛い歯石除去…。

小さな子どもが歯医者嫌いになるには十分な処置です。

…ということで、大人が磨いてこれなので、子どもに全部任せていたら今頃立派な虫歯ができていたに違いない!

そんな理由で、小学校中学年くらいまでは親の仕上げ磨きは必要なんですね。

でも本当はもうやめたい…

必要だとは分かっても、心によぎるこんなセリフ…。

分かっちゃいるけど、けっこう面倒なんですよ。しかもちゃんと磨こうとすればするほど。
(歯石作っちゃたけどさ…)

子どもも「自分でするから!」アピールしてきますしね。

と、いうことで、小学校入学を機会に仕上げ磨きをやめてしまう人がけっこう多いみたいです。

実はうちもその頃に「仕上げ磨きをやめようかな」と思ったことありましたね…。

小学校になると「自分のことは自分で!」みたいな流れができていたこともあったので、ちょっと乗りかかってしまったのです。

でもちょうど自分自身がその頃虫歯を作っていたような記憶があったので、なんとか踏み止まるに至ります。

仕上げ磨きが必要な理由を5つ上げてみた!

仕上げ磨きが必要なことは分かったけど、具体的な理由も考えてみました。

  1. 子どもだけできちんと磨けるのは11歳くらい!
  2. 生え変わりの時期はとにかく磨きにくい!
  3. 生え変わったばかりの永久歯は最弱!
  4. 虫歯になると痛い!
  5. スキンシップ取れますよ!

理由があると、仕上げ磨きもはかどるかもしれませんよ!

1.子どもだけできちんと磨けるのは11歳くらい!

口の中を立体的に認識できるようになるのは11歳頃らしいです。

それまでは歯茎から出ている5面(6面目は歯の根ですね)をちゃんと意識して磨けないんだそうです。

そして歯の生え変わりが終わるのもこのくらいの時期なので、乳歯がなくなるタイミングで歯磨きを子どもに完全バトンタッチしてもいいかもしれませんね。

2.生え変わりの時期はとにかく磨きにくい!

先にも書きましたが、兎にも角にもデコボコした歯は磨きにくい!

いろんな方向にはブラシを傾けて磨かないと、うまく歯にブラシがあたりません。

これを子ども一人でやるのは、かなり難しいでしょうね。

しかも「グラグラして痛い乳歯」という障害物もありますしね。

3.生え変わったばかりの永久歯は最弱!

これからの長い人生を支えてくれる永久歯。

長く使うんだからもちろん丈夫だよねっ!と思いがちなんですが、出てきたばかりの永久歯はまだまだ未成熟で弱く、虫歯にもなりやすい状態なんです。

しかも表面がざらついていて歯石も付きやすい!

長く付き合っていく大事な永久歯を、生えてすぐ虫歯にしてしまうのは気の毒ですよね…。

4.虫歯になると痛い!

とりあえずコレです。

虫歯は痛いし、治療も痛い…。

歯医者さんで無理やり治療しようものなら、歯医者さん怖い病も発症し、大人になってもトラウマが残ります。

心当たりあります?私はすごーくあります。

できれば、子どもにはそうなってほしくないかなと思うのです。

歯医者嫌いでなければ、歯石を取ったりなどのメンテナンスにも抵抗なく行ってくれます。

虫歯になりにくい体制を取ってあげやすくなるので助かります!

5.スキンシップ取れますよ!

大きくなると子どもとひっつきもっつきする回数も減りますよね。

でもね、仕上げ磨きするときはなんの躊躇もなく膝の上にドーンっと重たい頭を乗せてくるんですよ。

いや、重いんですけどね…まあかわいいですよ(笑)

まとめ

面倒だし、子どもも嫌がるので、ついついやめたくなる仕上げ磨き。

でもやめたくなるのは一番仕上げ磨きを必要としている時期かもしれません。

冒頭の歯科衛生士さん曰く、「どうしても大変なら2日に1回でもかまいません」とのこと。

歯石のもとの歯垢(プラーク)が固まり始めるのは、汚れがついてから約2日後。

固まる前なら、おうち歯磨きで汚れを落とせますもんね!

じーちゃん、ばーちゃんになるまで使い続ける歯なので、できる範囲でいいから仕上げ磨きを頑張ってみませんか?

生えてすぐ虫歯じゃ、もったいないですもんね!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です